ベビー用品を選びましょう

消耗品は喜ばれます

親子

出産祝いを贈るときのポイントの一つが消耗品を選ぶことです。ベビー用品の利用期間は「赤ちゃんが成長するまで」など限りがあるものです。そのため出産祝いであまり大きなものをプレゼントしてしまうと、赤ちゃんの成長後に処分で困らせてしまう可能性もあるため慎重にならざるを得ません。しかし消耗品であればすぐに使い切ることができるのでおすすめとなっています。たとえばオムツやベビーローションなどはよく使うものなのですぐになくなります。このおむつやベビーローションは単体で購入する場合は手ごろな価格ですが、毎日使用するとなると意外に出費がかさむものです。そのためこのような消耗品は出産祝いで喜ばれることが多いのです。しかしオムツやベビーローションを出産祝いでプレゼントする際は注意も必要です。まずオムツの場合はサイズがしっかりとあっているものを選びましょう。サイズがあっていない場合は、赤ちゃんのお尻が蒸れてしまったり寝返りを妨げてしまう原因となってしまうほか転倒など思わぬケガの要因ともなってしまいます。そのためサイズをしっかりと確認しておくことは重要なポイントとなるのです。またベビーローションをプレゼントする際は成分に注意しましょう。ベビーローションの場合は大人が使用するものよりも成分が厳選されているのでそれほど神経質になる必要はありませんが、それでも界面活性剤や防腐剤が含まれているものはアレルギーを引き起こす要因にもなりかねません。そこでベビーローションを出産祝いでプレゼントする際は、できるだけオーガニック素材で作られているものや防腐剤が含まれていない使い切タイプのものをプレゼントするようにしましょう。

使い勝手の良い品物

プレゼント

新しい命の誕生は子供にとってもお母さんにとっても人生の重要な日です。大切な人が子供を産んだ時は出産祝いを贈りましょう。特に子供が生まれた後は育児に専念してあまり出歩けなくなりますので、友達や姉妹との絆を深める上でも重要です。出産祝いを贈る際はまず自分と相手の関係性を考えます。子供が生まれればベビーカーやベビーベッドなど大きなベビー用品も必要になりますが、友達に高級品を贈った場合は気を使わせてしまいますので避けましょう。しかし相手が姉妹であれば値が張るものを贈っても喜んでもらえますし、相手が既にそれをもっているのか事前に確認しやすいでしょう。一般的には出産祝いは五千円くらいを相場と考えておきます。友達に出産祝いを贈る際に気をつけたいのが、他の人と品物が被ることです。特にノンブランドのベビーウェアは出産祝いより前の段階で親族からプレゼントされているケースも多いため、避けましょう。ファッションアイテムを贈る際はハイブランドの品を視野に入れておくと良いでしょう。特にポンチョはフリーサイズで使えますので、ウェアよりも出産祝いに向いています。品物が決められない時は、消耗品を贈れば間違いがありません。オムツはプレゼント用のオムツケーキが販売されていますから、出産祝いとして選択しやすいでしょう。オムツだけで構成されたケーキではなく、ぬいぐるみやタオルなどプラスアルファの品物がついているものを選べば高級感が増します。

実用的で喜ばれます

赤ちゃん用品

出産祝いのプレゼントは実用的なものが喜ばれます。なかでも1日に何度も取り換えることになるよだれかけは、何枚あっても邪魔にならないので出産祝いのプレゼントに最適です。よだれかけを出産祝いで贈るときには素材とデザインにこだわりましょう。よだれかけの素材はオーガニックコットンやパイル生地のものを選べば、吸水性や肌触りも優れているので赤ちゃんも嫌がることなく身に着けてくれます。またよだれかけには様々なタイプがあります。首回り全体をぐるっと取り囲んだタイプのものであれば汚れた場所を回転させて使うことができるので便利なほか、胸元までしっかりとカバーしてくれる長方形タイプのものであれば食べこぼした際に服が汚れるのをしっかりと防ぐことができます。ひとくちによだれかけといってもシチュエーションによって便利な形に違いがあるので、形の違うものを何枚かまとめてプレゼントするとよいでしょう。またお出かけにも最適なかわいらしいデザインのよだれかけも喜ばれます。最近ではベビー服に合わせられるおしゃれなデザインも多いので、実用性も兼ねた赤ちゃんのファッションアイテムとしても大活躍します。デザイン性の高いよだれかけであれば、赤ちゃんが外で遊ぶようになった時に服の汚れをカバーするオーバーとしても利用できるので長く使用できます。友人や親戚など親しい人が赤ちゃんを授かったときは、便利でデザイン性にも優れたよだれかけを出産祝いで贈ることをおすすめします。

たくさん物が入ります

プレゼントを持つ人

出産祝いで悩んだときはマザーズバッグをプレゼントしましょう。マザーズバッグはオムツや哺乳瓶など様々なものが入るのでとても重宝します。またマザーズバッグなら赤ちゃんが大きくなってからも使い続けることができるので、ママの子育てをサイドからサポートできるプレゼントとなります。

もっと知ろう

誕生の祝い

家族

出産祝いを贈るタイミングは、お七夜から1ヶ月くらいまでが良いと言われています。それは、先方がお宮参り後に出産祝いの内祝いを用意するからです。また、出産祝いの内容は、相手の気持ちにたって考えることが大切となります。

もっと知ろう

赤ちゃん誕生のお祝い

赤ちゃん用品

出産祝いで一番注意するのはタイミングです。出産の報告を聞いてから、生後1か月くらいの間に贈ります。品選びのポイントは贈って喜ばれるものを選ぶことです。出産祝いの定番はベビー服です。他には木のおもちゃ、絵本が喜ばれます。

もっと知ろう