赤ちゃん誕生のお祝い

贈って喜ばれるものを

赤ちゃん用品

出産祝いで一番注意する点はタイミングです。出産の報告を聞いてから出産祝いを贈ります。だいたい、生後1か月までに贈るのが良いでしょう。品選びのポイントは、1年以内に使えるもの、他の人からの出産祝いと重ならないものが良いでしょう。出産祝いの定番はベビー服です。たくさんあっても困らないからです。ベビー服を贈る場合は、カーディガンなどの羽織りものをプラスしたり、バックやスタイ、くつしたなどの小物をプラスすると良いでしょう。サイズは50〜70以上のものを選びます。贈る側に出産の経験がなくても、店員に生まれた時期と性別を伝えるとベビー服のセットを案内してくれますので、贈りやすい品物と言えます。他に贈って喜ばれるものは、木のおもちゃ、絵本です。木のおもちゃは壊れにくく、他の素材のおもちゃより金額が高くなるので、プレゼントにふさわしいです。木の積み木はパーツが大きめのものを選ぶと長期間にわたって遊ぶことが出来るので、とても喜ばれます。絵本は予算に合わせやすく、宅配便で送っても破損の心配がないので、重宝します。色のきれいな、楽しい絵本を選びます。パパやママが小さい頃読んだ本を加えると親しみがわきます。おむつ、粉ミルクは好みがあるので、避けましょう。ベビーカーや抱っこひもは重なってしまうと使えないので、先方に確認してからにします。ママと親しい場合は、ママへのプレゼントというのも良いでしょう。親子でお揃いのバックや帽子もかわいらしいです。

安全性が大切です

赤ん坊

出産祝いにおすすめのプレゼントがベビーシューズです。出産時にはパパもままも育児に大忙しとなるので、すぐには使わないベビーシューズの準備はどうしても後回しとなりがちです。しかしよちよち歩きを始めるころにはベビーシューズも必要となるので、出産祝いでファーストシューズをプレゼントすればとても喜んでもらえるのです。出産祝いでベビーシューズを購入するなら専門店がおすすめです。専門店ならデザイン・機能性・安全性のすべてを兼ね備えたベビーシューズをスタッフと相談しながら探すことができます。まずベビーシューズを選ぶ際は機能性や安全面を重視して選びましょう。赤ちゃんは頭が大きくまだまだ上手く歩くことができないので、ちょっとしたはずみで簡単にバランスを崩して転んでしまいます。そのためベビーシューズを選ぶ際は底が柔らかく歩きやすいものを選ぶほか、紐などがついていないマジックテープタイプを選ぶ方が安心です。またベビーシューズは赤ちゃんの足よりも5mm程度大きい方が歩きやすいので、購入する前には赤ちゃんの足のサイズを確認しておくことも大切です。専門店のスタッフに相談すればベビーシューズのアドバイスも行ってくれます。それぞれのメーカーの特色や人気のシューズなども教えてもらえるので、失敗のないシューズ選びをすることができます。出産祝いで迷ったときは専門店のスタッフとも相談して、素敵なベビーシューズをプレゼントすることをおすすめします。

月齢別、お薦めのギフト

ギフト

友人や会社の同僚の「出産祝い」は皆さん、どのような品物を選んでいますか。「出産祝い」のプレゼント選びは、なかなか難しく何を贈れば喜んで貰えるのだろうと、頭を悩ませてしまう方もいらっしゃるのでは。そんな時は、誕生した赤ちゃんが使用する月齢を考慮した「出産祝い」を贈られる事をお勧めいたします。使う時期によって赤ちゃんに適したサイズや、ママが必要として喜ぶ品物は変化していくものです。生まれて間もない0カ月から3か月あたりに使う品物ではガーゼやオーガニックコットンを使用して作られた「おくるみ」も重宝されます。ブランケット代わりにも使えて、外出の際には授乳ケープとしても使う事もあります。赤ちゃんはその時期、眠る起きるを繰り返すので肌触りの良い品物を選ばれることをお勧めします。4カ月から11カ月、このあたりになると赤ちゃんの動きも活発になり、首がすわって寝返りが出来、ハイハイを始める時期です。この月齢には離乳食も始まりますので、木で作られた離乳食用の食器や知育玩具などを選ばれると良いでしょう。ベビー服であれば目安としては70cmサイズです。股下にボタンがありおむつ交換の時や、着替えの時に便利な「カバーオール」という全身を包むつなぎのような服をお勧めします。赤ちゃんの成長を考えて選ばれる「出産祝い」は実用的なものが多いという印象です。贈られる側であるパパやママ達に喜んで貰えるよう、月齢を意識したプレゼント選びが大切なのです。

たくさん物が入ります

プレゼントを持つ人

出産祝いで悩んだときはマザーズバッグをプレゼントしましょう。マザーズバッグはオムツや哺乳瓶など様々なものが入るのでとても重宝します。またマザーズバッグなら赤ちゃんが大きくなってからも使い続けることができるので、ママの子育てをサイドからサポートできるプレゼントとなります。

もっと知ろう

誕生の祝い

家族

出産祝いを贈るタイミングは、お七夜から1ヶ月くらいまでが良いと言われています。それは、先方がお宮参り後に出産祝いの内祝いを用意するからです。また、出産祝いの内容は、相手の気持ちにたって考えることが大切となります。

もっと知ろう

赤ちゃん誕生のお祝い

赤ちゃん用品

出産祝いで一番注意するのはタイミングです。出産の報告を聞いてから、生後1か月くらいの間に贈ります。品選びのポイントは贈って喜ばれるものを選ぶことです。出産祝いの定番はベビー服です。他には木のおもちゃ、絵本が喜ばれます。

もっと知ろう