誕生の祝い

どのようにすれば良いか

家族

親戚や友人、同僚など親しい人に赤ちゃんが誕生した時、悩むのが出産祝いです。何をどのように、どんなタイミングで贈ったら良いのか悩みます。親しい友人の場合、直接何が欲しいのか確認することはできます。しかし、なかなか何が欲しいのか聞きにくい場合は、困ってしまいます。そんな出産祝いについてどのようにすれば良いのか紹介します。まず、出産祝いを贈るタイミングです。生後7日目のお七夜から1ヶ月くらいまでが好ましいと言われています。その理由は、お宮参りが終わってから、出産祝いの内祝いを贈るので、その前までに贈ると先方の手間はかからないですみます。また、先方の体調もあるので、先方が来て欲しいと言わない限り、出産直後、出産祝いを持って病院に行くのは、好ましくありません。また、どのようなものを贈ったら良いのでしょうか。オムツやベビー服、靴、おもちゃといった定番のものは喜ばれます。しかし、ベビー服や靴などは趣味もあるため、自分の趣味を押し付けるのではなく、定番のブランドなどにしておくと無難です。また、サイズは、すぐに大きくなってしまうので、大き目を買うと喜ばれます。新生児用の服などは、出産前に用意している人も多いため、必要数は揃っている場合があります。また、赤ちゃんのものばかりではなく、ママのためにハーブティーやマザーズバッグといったものを贈ると喜ばれます。相手の気持ちにたって、出産祝いを考えることが大切です。

お母さんの苦労をねぎらう

乳児

子どもの誕生は喜ばしいことでもあり、同時に出産を終えた母親にとっては至福の瞬間とも言えるでしょう。こうした瞬間を祝いたい、母親の苦労を労いたいと贈る出産祝いには、それほど堅苦しいルールはなく、贈りたいものを贈ってよいことになっています。しかしせっかくプレゼントするなら母親や子どもにとって嬉しい、ありがたいと思えるプレゼントを選びたいと思うのは当然のことです。出産祝いとして最近定番化しつつあるのはおむつケーキであり、これは赤ちゃん用のおむつをラッピングしてケーキに見立てるアイテムとなります。おむつは赤ちゃんにとって必要不可欠、またラッピングされていることで母親としても特別感を味わえるため人気の出産祝いなのです。おむつやタオル、スタイなどは赤ちゃんの必需品であるが、高級品を贈るよりも、使い勝手の良いものを複数贈るほうが喜ばれるでしょう。高級ブランドのアイテムの場合、使用に躊躇ってしまったり趣味が合わないこともあるが、標準的なアイテムであれば汚れるまで使って捨てるのにも気兼ねしません。このように、出産祝いはその場で使いきれるものや、受け取った相手が気負わないような商品を選ぶと喜ばれる傾向にあるのです。ちなみに、どのようなものを贈ったら良いかわからない時には、出産をテーマとしているギフトカタログや体験チケットなども良いでしょう。ベビーグッズや産後の母親のボディケアなどがメインアイテムとなっており、自分に合ったものを選べるという利点があるのです。

使い勝手が抜群です

婦人

育児には何かとお金が必要です。そこで出産祝いのプレゼントで困ったときは商品券などパパとママが必要に応じてベビー用品を買いそろえられるプレゼントをおすすめします。とくに赤ちゃんの誕生前後は買いそろえるものも多く、何かと出費もかさみがちとなりますが商品券があれば何かと強い味方となってくれます。たとえば最近はベビー服などもかわいらしいものがたくさんラインアップされていますが、何枚も購入するとなると支払金額も高額となりがちです。しかしそんなときでも商品券があれば迷わず購入することができるので、パパとママの育児を陰ながらバックアップすることができるのです。商品券はインターネット通販やデパートのものなど様々なタイプが販売されていますが、出産祝いとして贈るならベビー用品店の商品券がおすすめです。ベビー用品店の商品券は一般の商品券よりも使用期限が長めに設定されています。そのためすぐに使わない場合でも必要となる時まで取っておけるので、赤ちゃんの成長に合わせたフレキシブルな使い方をすることができます。ベビー服はもちろんのことベビーシューズやベッドなど、育児に関する様々な商品と交換することができるので使い勝手も抜群です。また商品券であれば現金を贈るような生々しさもないので、受け取る側となるパパとママにも十分な配慮をすることができます。出産祝いのプレゼントで悩んだときは、赤ちゃんはもちろんのことパパとママの役にも立てるベビー用品店の商品券を出産祝いとして贈ってみましょう。

たくさん物が入ります

プレゼントを持つ人

出産祝いで悩んだときはマザーズバッグをプレゼントしましょう。マザーズバッグはオムツや哺乳瓶など様々なものが入るのでとても重宝します。またマザーズバッグなら赤ちゃんが大きくなってからも使い続けることができるので、ママの子育てをサイドからサポートできるプレゼントとなります。

もっと知ろう

誕生の祝い

家族

出産祝いを贈るタイミングは、お七夜から1ヶ月くらいまでが良いと言われています。それは、先方がお宮参り後に出産祝いの内祝いを用意するからです。また、出産祝いの内容は、相手の気持ちにたって考えることが大切となります。

もっと知ろう

赤ちゃん誕生のお祝い

赤ちゃん用品

出産祝いで一番注意するのはタイミングです。出産の報告を聞いてから、生後1か月くらいの間に贈ります。品選びのポイントは贈って喜ばれるものを選ぶことです。出産祝いの定番はベビー服です。他には木のおもちゃ、絵本が喜ばれます。

もっと知ろう