たくさん物が入ります

長く使い続けられます

プレゼントを持つ人

出産祝いのプレゼントならマザーズバッグをプレゼントしましょう。赤ちゃんが大きくなるまではどこへ行くにも常にママと一緒です。そのため赤ちゃんに必要なベビーグッズは常に持ち歩くことになります。たとえば替えのオムツやベビータオルをはじめ哺乳瓶やおもちゃなど、どこへ行くにも大荷物となるので一般的なバッグでは全く容量が足りません。しかし赤ちゃんを連れて出かける際にもマザーズバッグがあれば大丈夫です。マザーズバッグは赤ちゃんを連れてお出かけするママのために開発されているので、大容量の荷物がすっきりと詰め込めるように様々な工夫が施されています。丈夫で汚れにも強いのでどこへ出かける際にも大活躍してくれるので、出産祝いにマザーズバッグを贈れば子育てをサイドからサポートすることができます。出産祝いでマザーズバッグを贈るなら専門店で購入することをおすすめします。専門店なら大小さまざまなマザーズバッグが販売されているので、これから子育てを始めるママに最適なバッグを簡単に見つけることができます。たとえば大容量がしっかりと入るトートタイプのバッグをはじめ両手が使えるリュックタイプやお散歩などに最適なミニトートタイプなど様々です。またマザーズバッグは赤ちゃんが大きくなってからもずっと使い続けることができるので、子育て期間のすべてを通じて大活躍してくれます。出産祝いで何をプレゼントするかで迷ったときは、専門店でマザーズバッグを購入してプレゼントしてみましょう。

相手との関係性を考える

赤ん坊

相手に気を使わせない出産祝いを贈りたい時は、値段の相場を考えて品物を選びます。相手が友達であれば五千円ほどが相場ですが、兄弟姉妹には奮発して一万円ほど支出します。気心知れた人に出産祝いを贈る場合は現金でも問題ありません。熨斗のついている封筒を用意して、新札を包みましょう。この時、死を連想する四千円は縁起が悪いですから避けるようにします。身内に出産祝いでベビー用品を贈る際は、必ず必要になる高級品を選択しましょう。チャイルドシートやベビーベッドは夫婦が購入した場合送料もかかってしまいます。出産祝いで贈ることで、相手の支出を軽減させられるのです。こうした大型のベビー用品をプレゼントする時は、事前の確認が欠かせません。既に持っている場合は避けたいですし、保管しておく場所が確保されていないと荷物になってしまいます。友達に贈りやすい出産祝いと言えば、よだれ掛けが挙げられます。よだれ掛けはファッションアイテムの中でも汚れやすいものですから、数枚持っていて損になりません。特にブランド品であれば出先で使いやすいため喜んでもらえます。ベビーウェアは子供の身長と体重が分からない場合選びづらいため注意しましょう。また出産祝いで良く選択されるものと言えば抱っこ紐が挙げられます。抱っこ紐は育児で必ず必要になるものですし、いくつかの種類があります。赤ちゃんの年代に合わせて選びやすいため、贈る側も購入する上で迷いません。

郵送で贈ります。

赤ちゃん用品

赤ちゃんが生まれた人にプレゼントするのが出産祝いです。お祝いの品は直接相手の家に持参するのが丁寧な方法ですが、出産祝いの場合はプレゼントの品を郵送するのがマナーです。というのは、出産したばかりは体力的にも弱くなっていますし、赤ちゃんの面倒も見なければならないからです。また、いち早く出産祝いを贈りたいと思って、出産予定日に合わせて郵送してしまうのも注意が必要です。出産予定日はあくまで予定なので、必ずしもその日までに生まれてくるとは限りません。また、出産時にどんなトラブルがあるか分からないので、出産祝いがかえって若い夫婦を傷つけてしまう恐れもあります。出産祝いとなると、可愛らしい赤ちゃんのおもちゃや服を贈りたくなりますが、他の人と同じようなものを選ばないことも大切です。また、おむつなどの消耗品はどこでも購入できるのでプレゼントとして控えてしまいがちですが、体力がなくなっているママとしたら買いに行く手間が省けるので喜ばれます。また、出産には何かとお金がかかるので、商品券やギフト券なども喜ばれます。出産祝いは、赤ちゃんのものを贈られることが多いです。実の親も義理の親も、まずは赤ちゃんのためになるものをプレゼントするものなので、友人として出産祝いを贈るのであれば、新しくママになった人を労わるようなものをプレゼントするのもいいです。赤ちゃんと一緒に使えるようなボディクリームや、母乳に影響を与えないようなノンカフェインのお茶などがおススメです。

たくさん物が入ります

プレゼントを持つ人

出産祝いで悩んだときはマザーズバッグをプレゼントしましょう。マザーズバッグはオムツや哺乳瓶など様々なものが入るのでとても重宝します。またマザーズバッグなら赤ちゃんが大きくなってからも使い続けることができるので、ママの子育てをサイドからサポートできるプレゼントとなります。

もっと知ろう

誕生の祝い

家族

出産祝いを贈るタイミングは、お七夜から1ヶ月くらいまでが良いと言われています。それは、先方がお宮参り後に出産祝いの内祝いを用意するからです。また、出産祝いの内容は、相手の気持ちにたって考えることが大切となります。

もっと知ろう

赤ちゃん誕生のお祝い

赤ちゃん用品

出産祝いで一番注意するのはタイミングです。出産の報告を聞いてから、生後1か月くらいの間に贈ります。品選びのポイントは贈って喜ばれるものを選ぶことです。出産祝いの定番はベビー服です。他には木のおもちゃ、絵本が喜ばれます。

もっと知ろう